医学部予備校のメリット

受験に関する様々なノウハウを専門予備校だけが持っている

受験に関する様々なノウハウを専門予備校だけが持っている | 医学部専門校は、合格率が高いことで知られています | 一人で悩むことがないのが大きな魅力です

医学部を受験する際には、専門の学校に通うのが有効な方法の一つです。
専門予備校だけが持っている、受験に関する様々なノウハウがあるからです。
高校などとは違って、受験に必要なカリキュラムだけが組まれています。
受験とは限られた勉強時間の中で、如何に効率よく成績を上げるかが大事になります。
そのためには限られた時間を、受験のために効率的に使うことが肝心になります。
受験生が自分自身で効率的な勉強プログラムを組むのは、想像以上に難しい面があります。
多くの場合は余分な勉強に時間を割いてしまい、肝心なポイントを逃してしまうものだからです。
ポイントを押さえた勉強をしないと、いくら時間をかけても成績アップにはつながりません。
受験専門校では、受験対策だけに的を絞って指導しています。
限られた時間内で、最大限に効果的な学習を行うことができます。
何よりも出題傾向などの、合格率アップにつながる受験ノウハウを取得することが可能です。
カリキュラムが整っているだけでなく、多くの医学部合格者を排出した実績があるわけです。
受験対策に専門的なノウハウが蓄積されているからこそ、どのような受験生にも対応することができると言えます。
どのような科目をどれくらい勉強すればよいのか、蓄積されたノウハウが物を言います。
先の先輩がどのような方法で、苦手科目を克服してきたのかも分かります。
受験生のあらゆる疑問や悩みにも対応できるので、安心して指導が受けられると言えます。

大学側はこう説明してますが、報告書p.14によると面接による女性の差は0.2点。
なのに合否基準で0.5点も差を設けてるんですね。
(5.4点満点)

ということで、学術論文を参考にして工夫したような説明をしてますが、完全に女性差別をしようとしていた意図がみえますね。

残念ながら。
https://t.co/bUGOFpSr6E

— 医学部予備校ACE Academy (@aceacademy9) 2018年12月10日